1分で分かる|ポルクの効果的な服用(使い方)について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポルクは海外で注目されている、飲む日焼け止めサプリメントです。

日本でもここ数年注目され始めていて、猛暑だと言われている今年の夏はさらに利用者数が増えていくと言われています。これからポルクを使用するかお考えの人や、現在すでにポルクを使用されている方へ、ポルクの適切な服用方法についてご説明させていただきます。

飲む日焼け止めサプリP.O.L.C.(ポルク)

ポルクの使い方

効果的に服用するには?

ポルクは1日の摂取量目安が2粒から5粒と表示されています。それぞれ1日に使用するポルクの量によって11回飲めばよかったり、2回、3回必要な場合も出てきます。せっかく日焼け対策としてポルクを飲むのですから、できるだけその効果を引き出せた良いですよね?

では、一体ポルクの効果を最大限引き出すためにはいつ服用することが良いのでしょうか?

朝・昼・晩と大きく時間帯を3つに分けた時に、ポルクを飲むとしたら12錠であれば朝のタイミングで飲まれることがおすすめです。

13錠以上であれば、優先順位は①朝、昼、③夜の順番でポルクを服用してみましょう。

何故、朝にポルクを服用することを重要視するかと言いますと、

紫外線量が多いのは朝から日中、午後15時くらいにかけてが太陽の光が地上にふりそそぐ時間帯だからです。逆に夜の服用の必要がないのは、夜は太陽光もないですし、室内で過ごしたり、寝るだけですので、紫外線の危険にさらされることがほとんどないからです。紫外線対策以外の成分が含まれているポルクですので、絶対に夜は服用する必要がないとは言い切れませんが、紫外線対策で飲むという視点から言えば、やはり太陽が昇っている朝や昼にポルクを服用することが効果的と言えます。

服用のタイミング

ポルクを服用するタイミングですが、朝が一番おすすめとご紹介しましたが、飲むタイミングとしては、朝起きて常温の水か白湯と一緒に飲みましょう。

水はなるべく多めに飲むことで、胃や腸などの消化器官を活発に動かすことになりますので、吸収力も高まります。朝以外に飲まれる場合は、食事をする30分位前にポルクを飲みましょう。食後に飲むよりも、お腹に何もない状態で最大限日焼けに有効な成分を摂取することが可能になります。

まとめ

ポルクは1日に使用する量が人によって異なります。それは、人によって日に当たる時間が異なったり、日焼け予防したい持続時間によるためです。それぞれの生活スタイルに合わせてポルクを服用することで、より目的に合った紫外線対策を可能にします。

また、食事をする30分前くらいにポルクを服用することで、その成分を効果的に吸収することが可能です。ポルクの服用のタイミングや、使用方法をきちんと決めることで、より効果的に紫外線対策が行えます。紫外線のインナーケア対策をお考えなら、飲むだけでOKのポルクをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。