ポルクの副作用とは?妊娠中やアトピーの方は注意?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲む日焼け止めサプリとして人気があるポルクは、暑い夏の季節の紫外線対策としてだけではなく、一年中の日焼け対策として使用できるのが特徴です。

日本では最近ようやく認知されてきた飲むタイプの日焼け止めですが、ヨーロッパでは以前から飲む日焼け止めサプリは皮膚科で処方されるくらいスタンダードな日焼け予防の方法のひとつです。

日焼け止め対策ができるサプリメントとして飲まれているのですから、それなりにポルクには副作用があるのでしょうか?ポルクの副作用についてご紹介したいと思います。

飲む日焼け止めサプリP.O.L.C.(ポルク)

ポルクの副作用について

ポルクを飲むだけで日焼け予防できる理由

飲むタイプの日焼け止めですが、何故飲むだけで日焼け予防ができるのでしょうか?

それはポルクに含まれている成分に秘密があります。

ポルクには、海外で注目されている「ニュートロックスサン」という成分が配合されています。ニュートロックスサンとは、天然のポリフェノールの一種で、ポルクではグレープフルーツとローズマリー成分を特別な割合で配合しています。このニュートロックスサンは、紫外線を大幅にカットしてくれる作用が期待できる成分なのです。

このことからポルクに配合されている、グレープフルーツに含まれる水溶性のナリンゲニンというポリフェノールと、脂溶性のカリノシン酸と呼ばれるポリフェノールの2つの天然ポリフェノールが日焼け止めの効果を体内から作用させてくれることから、飲むだけで日焼け予防ができるのです。

ポルクの副作用は怖い!?

天然ポリフェノールと呼ばれているニュートロックスサンのおかげで、飲むだけで日焼け対策ができるメカニズムが分かりましたが、実際そんなに効果のあるポルクを飲んだ時の副作用が気になります。

実は飲む日焼け止めポルクには副作用はないと報告があります。細かくご説明させていただきますと、ポルクに含まれる日焼け止め成分のニュートロックスサンは、柑橘系の果実とローズマリーから注した成分の配合によってつくられるので、副作用は特に引き起こされません。なので、健康体の方がポルクを使用される場合は問題ないということです。

但し、使用するのに医師への相談が必要な方がいます!

それは4歳未満のお子様と、妊娠中の方、授乳中の方、アレルギー体質の方は気を付ける必要があります。4歳未満のお子様は発達途中の身体ですので、サプリを摂取することで臓器への負担が懸念されます。

妊娠中の方は、ローズマリーは子宮を刺激する成分が含まれます。授乳中の方は母乳から乳児へ摂取される可能があります。アレルギー体質の方はアレルギー反応が出てしまう可能性があります。これらのことが該当される方は、必ず医師に相談の上使用されることをおすすめします。

まとめ

飲む日焼け止めとしてポルクを使用するにあたって、健康体の方が使用される場合は特に副作用がないことが分かりました。但し、4歳未満のお子様と、妊娠中の方、授乳中の方、アレルギー体質の方などは使用される前に医師に相談することが必須になります。

ポルクを使用される際は、これらのことに気を付けて使用されることをおすすめします。

また、他にもお悩みがある場合は気軽に公式サイトで聞いてみるとよいです。親切に色々と対応してくれました♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*